包茎手術の種類について

男性の包茎を治す包茎手術には色々な種類の包茎手術があります。
日本では以前から行われている包茎手術として代表的な物は環状切開法による包茎手術で、日本においては現在でも環状切開法による手術は主に泌尿器科などで行われる包茎手術となっています。
泌尿器科で行う包茎手術のスタンダードがこの環状切開法による手術です。

環状切開法で行う包茎手術は、まず包皮をつまんで亀頭の先まで伸ばして引っ張り、そして包皮をハサミの様な形の手術器具で切る、という包茎手術です。
環状切開法で行う包茎手術の利点としては、亀頭の真下で包皮を切る亀頭直下埋没法の包茎手術と違い亀頭の真下にある内板、外板と呼ばれる性感帯の敏感な部分を完全に温存して包皮を切除するという点があります。

環状切開法で行う包茎手術にはデメリットもあり、包皮を亀頭の先まで伸ばして切除する事で陰茎の真ん中部分の包皮を切除してしまう事になる為、環状切開法の包茎手術後に陰茎の色が真ん中から上下に分かれて違う色になってしまういわゆるツートーンカラー状態になってしまう事がデメリットとして挙げられます。
この環状切開法により包茎手術後にツートーンカラー状態になる点は特に以前より包茎手術を受けるもしくは包茎手術を検討している男性達の間では不安材料、環状切開法による包茎手術を避ける要素になっています。
現在、環状切開法で包茎手術を行うのは主に泌尿器科で美容整形外科では美的観点の面から環状切開法を行わなくなってきています。

包茎でお悩みなら仙台のクリスタルメンズクリニックへ
https://www.mencli.com/hokei/index.html

カテゴリー: 包茎 パーマリンク