包茎手術・血管を切断するとどうなる?

包茎であることが原因で、自分に自信が持てないという男性は多いものです・
また、衛生面から見ても包茎はあまり良いものではありませんので、包茎手術をすることは大切なことです。
包茎手術とは、包皮の血管やリンパ管を切断するものです。
今回お話を聞いたのは包茎手術 大阪皐月形成クリニックです。
梅田・難波・神戸元町・岡山・広島にクリニックを開院している老舗の形成外科・泌尿器系のクリニックです。

人それぞれですが、包茎手術の直後、1ヶ月くらいは、腫れてしまうことがあるようです。
痛みはなくても、排尿時には痛みがあったり、排尿もしにくくなったりします。
血管やリンパを切断することによって、血液やリンパ液の循環不全が生じるために起こりますが、これは時間とともに症状が改善されるので心配はいりません。
包茎手術は、血管から出血しないように、1つ1つの血管をみながら慎重に進めていきます。

これは目立たない処置を行うために、とても必要なことでもあります。
また手術の平均時間も40分程度で終わります。
手術は極めて簡単ですから、入院の必要もなく、治療が終わったらすぐに自宅へ帰ることができます。
また、過激な運動さえしなければ1週間で完全に治ります。

カテゴリー: 形成外科 パーマリンク