糸で引き上げる切らないフェイスリフト…顔に入った糸はどうなっちゃうの?

若さと美しさを保つのは、女性にとって永遠のテーマ。
肌のたるみを改善するフェイスリフトは、女性に人気があるメニューのひとつです。
銀座長澤クリニックなどの専門医でおこなわれるフェイスリフトの手術には様々な種類がありますが、最近注目を浴びている方法が、スラッシュリフトです。
スラッシュリフトは、注射針を使って細い糸を挿入していきます。
たるみやシワの改善効果が期待でき、施術後は弾力のある肌を実感する人が多いです。
たるみが原因となって発生する顔のシワは、レーザー治療でもヒアルロン酸の注入でも十分な効果が出ないことがあります。
そこで考案されたのがスラッシュリフトなのです。
顔に入った糸は、皮膚の中で分解されて溶けていきます。
皮膚の中に糸が残るのが心配な人でも、安心して施術を受けることができます。
スラッシュリフトでは、極細の針を使って挿入するので、針の跡が残りません。
稀に内出血による点が数日間出ることがありますが、ファンデーションやコンシーラーを塗ればカバーできます。
皮下の組織を傷めないので、腫れることはほとんどありません。

カテゴリー: 糸のリフト パーマリンク