乳がん手術にて失った乳房を同時再建することのメリットとは

乳がんを患ったとき、女性にとっては病気になったことと同時に見た目が変わってしまうこと、女性らしい体形ではなくなることもあわせて精神的ショックは大きいものです。
ただ、現在では乳房を同時再建できる病院も増えていて、乳房のボリュームを保ちつつがん細胞を取り除くことが可能になりました。
これは乳房同時再建法といい、見た目の問題に悩むことなく手術が受けられるため、選択肢の一つとして検討する人が多い方法です。
同時再建を行うメリットは、まず外見が手術前とあまり変わらない状態を保てること、そして手術が1回で済むため、肉体的負担を軽減することができることです。
見た目の問題は命にかかわるものではないとはいえ、変わってしまった体形に対する精神的な落ち込みが激しければ、手術後の生活やリハビリにも影響が出るかもしれません。
がんの原因の一つはストレスともいわれていますので、なるべく前向きな気持ちで新しい体と付き合っていく必要があります。
また同時再建であれば、周囲の人に気づかれることなく手術を受けることができることもメリットの一つです。
職場などではあまり自分の病気を知られたくないという場合もあるでしょう。
そのような場合でも休暇中に手術を受けてそのまま職場復帰することが可能です。

カテゴリー: 同時再建術 パーマリンク