プチ整形で美容外科に行きました。

プチ整形で美容外科に行きました。
2万円程度で両目のプチ整形ができるキャンペーンがあったからです。
でも、医院で説明を受けた所、料金は5種類ぐらいあって、その中で1番安いコースが2万円だったんです。
1番安いコースは手術跡が目立ちやすかったり、外れやすくなるということで、結局そういう流れから、糸が細い5万円のコースを受けました。
手術時間は15分程度でした。
手術前に麻酔の目薬をさしますが、その麻酔が効いてくるまでの時間を入れても両目で15分から20分ぐらいでした。
痛みもあまり感じず、出血もありませんでした。
しかし、術後は目が腫れました。
1週間ぐらいはずっと腫れっぱなしです。
しばらくの期間を経て、ちゃんと二重になりました。
結果として、デメリットは特に無く、とりあえず満足しています。
とくに良かった事は、付けマツゲをいらなくなった事と、海やプールも安心して行けるようになった事です。
ノーメイクでも近くのコンビニくらいならそのまま行けるようになった事です。
メイクも楽になったし、自分で言うのもなんですが、見栄えも良くなったと思ってます。

カテゴリー: プチ整形 | プチ整形で美容外科に行きました。 はコメントを受け付けていません。

包茎手術の種類について

男性の包茎を治す包茎手術には色々な種類の包茎手術があります。
日本では以前から行われている包茎手術として代表的な物は環状切開法による包茎手術で、日本においては現在でも環状切開法による手術は主に泌尿器科などで行われる包茎手術となっています。
泌尿器科で行う包茎手術のスタンダードがこの環状切開法による手術です。

環状切開法で行う包茎手術は、まず包皮をつまんで亀頭の先まで伸ばして引っ張り、そして包皮をハサミの様な形の手術器具で切る、という包茎手術です。
環状切開法で行う包茎手術の利点としては、亀頭の真下で包皮を切る亀頭直下埋没法の包茎手術と違い亀頭の真下にある内板、外板と呼ばれる性感帯の敏感な部分を完全に温存して包皮を切除するという点があります。

環状切開法で行う包茎手術にはデメリットもあり、包皮を亀頭の先まで伸ばして切除する事で陰茎の真ん中部分の包皮を切除してしまう事になる為、環状切開法の包茎手術後に陰茎の色が真ん中から上下に分かれて違う色になってしまういわゆるツートーンカラー状態になってしまう事がデメリットとして挙げられます。
この環状切開法により包茎手術後にツートーンカラー状態になる点は特に以前より包茎手術を受けるもしくは包茎手術を検討している男性達の間では不安材料、環状切開法による包茎手術を避ける要素になっています。
現在、環状切開法で包茎手術を行うのは主に泌尿器科で美容整形外科では美的観点の面から環状切開法を行わなくなってきています。

包茎でお悩みなら仙台のクリスタルメンズクリニックへ
https://www.mencli.com/hokei/index.html

カテゴリー: 包茎 | 包茎手術の種類について はコメントを受け付けていません。